2004年07月18日

ストリートラグビー@アラハビーチ part 1

7月18日の日曜日。いよいよ待ちに待ったアラハビーチでのストリートラグビーの日です。

アラハ


当日はとてもいい天気。暑い! が、雲も程よく出ていて時々日差しも陰ってくれるし、海風も心地いい、さわやかな暑さだった。
場所はアラハビーチサイドにあるバスケットコート。連休の海水浴客で賑わっていて、障害者用のトイレもすぐそばにある抜群のロケーション。

賑わうアラハビーチ
賑わうアラハビーチ

選手・スタッフらみんなでシートをつるして日陰を作り、ラインテープを張ってコートを作り、各種飲料、噴霧器、スコアボードなどしっかり準備。とにかくコートに出ているとき以外は、なるべく日差しを避けることを心がける。

テープを張って準備
テープを張ってコートを作る

とにかく日陰
とにかくなるべく日陰に入る

各自アップしてゴム製で多少弾力のあるコートの感触を確かめる。周りのギャラリーやバスケットをやってる米軍基地のアメリカ人や学生が、ガコンガコンと車椅子同士がブチ当たるタックルにビックリしている。

午後4時半過ぎにゲーム形式の練習を開始。最初は選手中心にスタッフの男性を入れたセット。チーム分けはkan・タケシ・トオル・一志、そしてもう一方のチームはshin・トウマ・内間・岸本。
暑さと、体育館のフロアに比べて若干抵抗があるサーフェイスもあって、スタートは若干動きが鈍かったが、shin と kan が各々のチームを引っ張ってゴールやキラーパスを決め、周りからも声がよく出てだんだんみんなの調子が出てくる。

kanのリード
チームを引っ張る kan

shinゴール
"shinゴール"

トオルの速攻や内間のゴールもあって試合は接戦に。途中でリョウキもゲームに入ってどんどん激しくなる。
風のせいもあってかパスが通らない場面もあったが、みんな太陽の下でボールを追い、タックルを決める。最後はkanチームの勝利に終わった。

ダブルチーム
shin・内間のダブルチームでトオルをチェック

shinタックル
shinのタックルで kan の車椅子が浮き上がる

トオルゴール
トオルがリョウキを振り切ってゴール

休憩中はみんな若干きつそうだが、日陰に入ってスタッフがしっかりケアをしてあげると、さわやかな海風も手伝ってすぐに復活! 野外はやっぱり気持ちいい!

噴霧器
しっかりケアは欠かせない

part 2 へ続く
posted by Hurricanes at 23:00| 沖縄 ☀| 野外ラグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。